プロフィール

arata5577

Author:arata5577
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック

月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム

RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード

QR

TANSU

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

107

E58699E79C9F-23.jpg

一番最初に飼った猫は半ノラだったので、ウチ以外にもどこかで大切にされていたようでした。
茶トラで長毛、人なつこい猫で、僕はその風貌からライオン丸と呼んでいました。
ノミだらけの猫だったので、ノミ玉とも呼ばれていましたが、、、、。
その猫がある日突然帰らず、1日が2日になり、3日、4日、一週間。
猫を探しています、と張り紙を出した一月後、近所の人から悲しく残念な知らせが届きました。

なので今の猫達は完全にイエネコです。

スポンサーサイト

コメント

from kenchan
僕も飼っていた猫や犬に悲しい思い出があります。それ以来…自分では飼えなくなってしまいました!

from トプさん
17歳の時に野良猫になつかれ、飼うはめになりました。
1歳になりやんちゃな盛でした。

仕事先から帰ると、猫が死にそうだから、すぐに犬猫病院ヘ行けと言われました。 私は走りながら、何が起きたのか分かりました。

走りながら、涙がぽろぽろこぼれて・・・おもいっきり走って・・・

「俺の猫を返して下さい!」

いきなり叫んだ私の事を思ってか、会わせてはくれませんでした。

from arata5577
トプさん
ご無沙汰しています。
ある意味幸せな事は、この猫の最後の姿を見ていない事かもしれません。
まだどこかで生きてるんじゃないかなと、そんな風に思う事が出来るのです。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://arata5577.blog116.fc2.com/tb.php/134-da6f9826

HOME
広告:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。