プロフィール

arata5577

Author:arata5577
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック

月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム

RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード

QR

TANSU

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

077

hb.jpg

猫に、クルマに、バイクにと、このブログは単調な内容ですね。
カメラはアイフォンだし、写真を撮る事がメモ代わりになっているので、こんな対象ばかりになるのでしょう。
写真を撮る最終決定権は人間にあるので、良いカメラだからといって良い写真が撮れる訳ではないし、携帯のカメラだからといって良い写真が撮れない訳ではないのです。

今はアイフォンとアプリがあれば充分です、可能性は無限にあるので(ないか、、)色々な物を撮ろうと思ってます。
写真がうまくなりたい人は撮って撮って撮りまくって下さい、高価なカメラなんて必要有りません。
話は変わりますが、デジタルカメラってなんで愛着が沸かないのでしょうか?長く使ったものがありません。
次から次に新しいものが発売されるせいかもしれませんが、ずっと使いたいと思うカメラがいずれ出て来る事を期待します。

街中で時にオーナーの愛着がひしひしと伝わって来るバイクに出会う事が有ります。
画像のバイクは日が傾きはじめてから撮ったものなので、やや粒子が粗く鮮明でないのが残念ですが、ただただ磨き込まれたのとは違う、乗って乗って乗ってこられて生まれた愛着、実際は違うかもしれませんが、そんなものが伝わって来る様なバイク、あぁ良いなとしばしみとれてしまいました。
スポンサーサイト

076

fiat.jpg

バイクもクルマも欲しい、物欲は尽きません。
クルマはバイクの様に何台も所有出来ませんので、さてこの一台となったら何を優先にするのかおおいに悩む事になるでしょう。
クルマも基本はマニュアルでないと嫌なので、まずは選択肢が狭まります。
さらに現代のクルマには魅力を感じませんので、結局タマ数自体も限られてきます。
でも最近気になる現行車があって、新型のフィアット500(アバルトの方ね)とルノーニューカングーはちょっと欲しいなと思います。
この2台はマニュアルもあるし、フィアットアバルトは色といいスタイルといい当時の雰囲気を良く再現してるなぁと(まぁ当時は知りませんが)思うのです。
カングーはトランポとしても使えるし、あの国産にないスタイルがいいなと。
後はお決まりのポルシェですが、これはナローしか考えられないので老後の?楽しみかな。

夜な夜なそんな事ばかり考え、ヤフオクだセイヤーだエンスーだをクリック、仕事の成績が落ちていきます、、、、。

075

bsa.jpg

土に返る前に、
もう一度エンジンに火が入ると良いね、

074

school.jpg

日が落ちてから行きたくない場所です。

073

cat.jpg

色々な猫を見かけます。

072

car.jpg
 
はやくこんなクルマが乗れる様になりたい。

071

bike.jpg

カスタムは自己満足の世界であると思います。
個人が楽しめばそれで良いのでは有りますが、いつか見かけたこのバイク、一瞬おっと思いましたが、うう〜んちょっと残念な様なそうでない様な。
カスタムは難しいものです。

070

sky.jpg
仕事を辞めたい、状態が続いています。

これからですね、

069

bosch.jpg
夏に事故ったバイクをやっと修理にだしました。
パニックブレーキによる自爆事故で、幸い怪我はせずすみましたが、ラリー中だったので皆に迷惑をかけてしまいました。
事故によってフロント周りが破損、オプションで付いていたブラックアウトランプもぺしゃんこになってしまい誠に残念、、、、。
なんとか自走出来る様に仲間が直してくれましたが、その時の映像はいずれ。
バイクはドカティの軍用車でCONDOR A350というバイクです。
シルバーストーンさんが輸入した3台と僕の物合わせて5台くらいが日本にあるのではないでしょうか?
恐ろしく重く、野暮ったいバイクですが、軍用とあって頑丈に出来ています。
細部もあちこち変更されていて、ずっと欲しかったバイクでした。
ヘッドランプはBOSCH製、これはBMWのRシリーズと共通です。
この目玉の様な大きなランプシェルはなかな形が良くて好きです。
ランプグラスは当然事故で破損しましたが、BOSCHの部品はまだまだ普通に購入出来ます、ただランプシェルはなかなか高額、、、、。
来月の4日はシングルドカミーティング、久々にドカで参加できそうです。


068

IMG_2252.jpg

少し前になりますが、気持ちにけじめをつけたくて仕事道具を処分しました。
ほんとは金がなかったからだったりしますが、、、、。

手元に残したのはニコンFM2と父が初めて買ってくれたオリンパスのOM-2N。
思い出のこの2台にも残念ながら、暫くフィルムは通していません。
再開してから載せている写真は、全てiPhone4sで撮影後アプリで加工しています。
便利な世の中になって、こんな写真が誰でも簡単に作れる時代になりました。
それが良いのか悪いのか、なんとも言えませんが、、、、。

067

rain.jpg

何かもっと絵になる様なクルマが来ないかな、と思ったのですが、

066

boy.jpg
 
入社前に身体検査を受けました。
社会人になって初めての身体検査、それは高校生以来の身体検査だったのでざっと20年ぶりでした。
当然の結果では有りますが、酒はほとんど飲まない、煙草も吸わない、うたない?買わない?僕は、健康そのもので何一つ引っかかる事が有りませんでした。

それこそ久しぶりに近所の耳鼻科へ行くことになったのですが、雑居ビルの中にあるその診療所は、昭和の時から時間がストップした様な場所で、なんとも懐かしい気分になりました。
先生も看護婦さんもおじいさんに、おばぁさん。
器具を扱う手先がたいそう怪しげです。
順番を待つ元気なおにいちゃんは、診療中の弟が泣き声をあげると途端にぴくりとも動かなくなるのでした。

065

E58699E79C9F-5.jpg

もともと犬派だったのですが、営業で外回りする様になってからは、正直吠える犬は出来ればいない方が良いなと思う様になりました。
猫は違います、見つけるとこっちからそばに寄ったり、じっとみつめあったりと、猫とは取りあえず遊んでみようと思います。
猫はホントに興味深い生き物です。

064

E58699E79C9F-7.jpg

僕の師匠タッド若松がこれと同じ黄色のモンキーを持っていました。
軽井沢の別荘から東京の事務所に運んできて走れる様にしようとしたのですが、当時の僕にそんな技術はなくて、結局走る様になる前に退社する事になりました。
タンクがちっちゃくて、セルフスタンドでうっかりガソリンを溢れさせてしまった。
2リットル位しか入らなかったかな、
あのモンキーは何処にいるのやら、、、、。

063

E58699E79C9F-6.jpg
まぁ、やっぱりカバーの内側が気になる訳なんですが、そばにいってカバーめくるのもなかなか勇気がいるものです。

この間ある駅の近くの、どう見てもゴミ屋敷にしか見えない、さらにどう見ても何年も人が住んでいない様な家のパーキングに、まさかとは思うけどフェラーリにしか見えないカバーをかぶったクルマが止まっていて、そりゃもう中を見ないでその場を通り過ぎる事が出来ず、辺りをきょろきょろしながらカバーをめくってみたのですが、数センチめくった所でカーボン製のカナードと赤いのがちらっと見えて、あっやっぱフェラーリだわなと。
そこまで確認したらすっと気分が晴れました。

なんでこんな所に?って妙な場所が沢山あるんですよ。

062

郊外に出るとまだまだ畑が多く残っているんだなと実感します。
畑にも持ち主の個性が出ると言いますか、
きれいになってる畑、画像の様な畑、まぁ色々です。
長年乗ってきた愛車、
E58699E79C9F-8.jpg
最後にはこんな使い方をするのが良いのかもしれません。

061

IMG_2159.jpg

公園で休んでいると視界のすみに何かが、顔を向けると猫が忍び足でこちらに向かって来る所でした。
目が合うと向きを変えて、どこかへ去っていきました。
気づかないふりをしていたら、すり寄って来ていたのかなと思ったら、一寸残念な気分になりました。

060

ccd.jpg
例えば目黒辺りだったら良く見かけそうなクルマだったりしますが、思いがけない場所で遭遇すると、えらくその個性が引き立ちます。

E58699E79C9F-2.jpg
一回乗ってみたい!

059

E58699E79C9F-1.jpg

新しい仕事は大変です。
まぁ、写真でいうとこんな感じでしょうか。
なんのこっちゃ?人の感覚はなかなか理解出来ないでしょう。

先日会社としての上半期が終わりました。
その上半期の目標を決めた時に、僕と同じ歳の課長が僕の目標を見て「カメラマンの目線だね、営業マンにならなくちゃ駄目だよ、」と言いました。
金はとにかく良い仕事です、しかし待ち受ける天国と地獄、全国に散らばる数千人の社員は常にその紙一重の所にいます。
僕は何年、続けられるでしょうか?

058

E58699E79C9F-3.jpg

長い間大切に乗られて来た事が良く伝わるクルマでした。
もちろん、マニュアル車です。
黄色い色のクルマはよく目立ちます。
HOME
広告:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。